入学・編入学手続き

入学・編入学のご案内
 天津日本人学校は、日本の教育関係法規に従い、日本の小中学校における教育課程と同じカリキュラムさらに特色ある教育活動を行う文部科学省指定の在外教育施設です。学校は天津日本人会によって設置され、天津日本人学校運営理事会を中心にして運営されています。
1 入学・編入学許可について
(1)入学の要件 (H28.4規則の改定により変更されました)
  ①両親のいずれかが日本国籍であること。
  ②保護者が、天津日本人会の法人会員となっている企業に勤務しているか、
   天津日本人会の個人会員として入会していること。
  ③日本語による授業を受けることに支障がないこと。
  ④日本からの駐在により、家族・保護者の天津における居住や勤務が確認されること。
  ⑤他の学校に在籍していないこと(*1)
  ⑥中学部3年2学期始業以前の編入であること(*2)
  ⑦傷害保険に加入していること(個人・企業加入)
      (*1)本校に就学する時点で、他の学校と二重に在籍することは認めない。
      (*2)中学部3年への編入については、義務教育課程の修了認定と進路指導とに要する時間を確保する必要があるため、2学期始業開始日以降の編入は認めない。
 上記(1)~(7)の入学条件に合致しない場合においても、校長が必要と認めた上で学校運営理事会に承認を得たものについては入学を認める。
(2)本校所定の「入学・編入学申込書」を事前に提出してください。
    ※用紙は、本校へ問い合わせ後にメールまたはFAXで提出下さい。
2 納入金
(1)「入学金」        小中学部    7,000元 
    ※小学部から引き続き中学部に入学される場合は不要です。
    ※一度退学して再度編入される場合には入学金は必要です。
(2)「授業料」等(月額)   小中学部    3,000元
    ※通常は毎月1日が納入日です。納入方法は、個人で振り込み、または会社から入金です。
3 登下校について
  ・家から学校までの往復は、保護者が責任をもって送迎することを原則としています。
4 その他
(1)特別に支援が必要なお子様の入学について
本校には、特別支援学級はありません。特別に支援が必要なお子様については、支援体制及び施設面において充分な体制が取れないため、面接の結果,受け入れが困難とさせていただく場合もございます。特別に支援が必要なお子様は必ず事前にご連絡、ご相談ください。
(2)退学の要件
  ・退学を希望する者は、保護者がその旨を校長に申し出て一定の手続きをとります。
  ・上記の入学要件等に反した場合には、校長は退学を命ずることが出来る。
(3)日本からお越しの場合は、必ず「海外子女教育振興財団」で教科書の給付を受けて下さい。
   海外子女教育振興財団
     ①東京本部 〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4
                      愛宕東洋ビル6階(TEL 03-4330-1349代)
     ②関西分室 〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5
                      毎日新聞ビル3階(TEL 06-6344-4318代)