校長挨拶

 ようこそ、天津日本人学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
私は、今年度4月に赴任しました校長の山本泰昌です。どうぞよろしくお願いします。
天津は、北京から南東に約140km離れた港町で、昔から日本とのつながりもあるところです。
今年は、天津日本人学校が開校19年目を迎えます。小学部と中学部が一体となって、学校教育目標である「確かな学力を持ち、心豊かにたくましく生きる児童生徒の育成」を達成すべく、一層の取組を進めてまいります。
モットーとして「一隅を照らす」を掲げ、教職員をはじめ、児童生徒が学校生活や授業、掃除などの様々な場面において、自己の仕事をしっかりと認識し、その責任を確実に果たすとともに、まわりのために働くことができることを考えています。特に、「あいさつ世界一」を目指し、歌声の響く学校とともに重点的に取り組んでまいります。
本校の教育目標の具現化、そして保護者の皆様の期待に沿うべく、教職員一同が一丸となって鋭意努力してまいります。皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、このホームページをご覧いただき、皆様のご感想・ご意見をいただければ幸いです。

平成29年4月1日
天津日本人学校 校長 山本 泰昌